グルメ情報について(食べログ)

 様々なグルメ情報サイトがありますよね。その中でも、特に知名度が高いサイトがあります。それは、やはり特別な特徴を持っているからでしょう。たとえば、「食べログ」がその一つと言えます。知ってますか。2005年にサービスを開始しています。これは、比較的新しいグルメ情報サイトになります。そうでありながら、直ぐにインターネット上のグルメサイトの代表格となった「食べログ」になります。

 <「食べログ」最大の特徴について>

 機能を4つに分担させていることにあります。 「食べログ(レストラン)」 「食べログお取り寄せ」 「食べログレビュアー」 「食べログコミュニティ」の4つです。こういった分担については、一見シームレスな情報形態が増えている現代で、マイナスとみなされかねませんよね。しかし、実際には、それぞれに区分けすることで、かなり情報がスリム化していると言えます。

 目的とする事、その目的を満たすコンテンツがわかりやすく繋がるようになっているので、初心者でなくとも手軽に利用することが出来る点が、「食べログ」最大の魅力と言えます。 情報の多さも凄いですよね。 「食べログ(レストラン)」に登録されている店舗数では、65万件以上と言います。凄い数でしょう。 情報の量とか、見やすさ共に高水準の、極めて優秀なグルメ情報サイトと言えます。

皆が大好きな蟹。

蟹がよく獲れる地域として、第一にその名が挙がる漁場といえば北海道で間違いありません。

北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。

他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、総合評価でなら、ダントツで北海道が一番でしょう。

ところが、現実には、輸入品の蟹が道内で販売されていることがけっこうあり、意外な気分になります。

今も昔もご馳走の定番といえば蟹ですよね。

最近は、蟹通販を使えば、全国各地で水揚げされた新鮮な蟹を自宅にお取り寄せできます。

しかし便利である反面、蟹通販業者の数は多く、中には価格や送料が他より大幅に高いところもあるため、業者選びを間違えると、損してしまうこともあります。

念入りに探せば、蟹が激安だったり、送料が無料だったりするお得な業者もあります。

安いお店で蟹を通販する際には、そのお店の口コミやレビューをチェックし、信用性をしっかり確認し、無用なトラブルを避けましょう。

蟹を調理していく場合には、蟹がどんな状態にあるかにより気を付けるべき点がそれぞれあります。

いくつかあるポイントの中でとりわけ注意すべきことは、蟹が冷凍保存してあった時に、どうやって解凍するかということです。

一般的に多くなされる方法が解凍の時間が勿体ないからと、水の中で蟹を溶かそうとして浸します。

そうしてしまうと、旨味のある蟹が味気なくなってしまうため、じっくり、冷蔵庫内で解凍させてください。

蟹好きな人って多いですよね。

うちの主人もそうで、蟹通販で買った蟹も私達が手をつける間もないまま、一人で片付けてしまうほどです。

でも、主人一人が楽しむより、家族団らんで楽しめる方がずっといいに決まっていますよね。

そこで、我が家で定番になっているのがポーションタイプの蟹です。

解凍すればすぐに使え、殻ももう取り除いてあるので、家族で蟹鍋や蟹しゃぶをしたいときにもすぐに使えるので重宝しています。

小さいお子さんがいらっしゃる家庭でも、殻が剥いてあるので、蟹の魅力を楽しめます。

お子様のいる家庭にお勧めの商品といえます。

メスのズワイガニは別名セコガニです。

ある場所では、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。

雄のカニ味噌は確かにおいしいですが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。

逆に、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌と内子、外子のバランスがとれているため、多くは、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

通販といっても様々な種類の蟹があります。

そんな中で、今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、水揚げ後すぐに茹で、新鮮なまま冷凍した蟹です。

一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、新鮮さでは右に出るものはありませんが、一方でご家庭でさばいて食べるのはなかなか難易度が高いです。

茹で蟹はあれでいてなかなかコツが難しく、一般家庭では大変なので、あらかじめ茹でた状態で冷凍した蟹を選ぶほうがいいのです。

ガザミもイシガニも、実はワタリガニです。

一般に出回っているかにの中では脚が発達していなくて貧弱に見えますがたっぷり詰まった味噌は通の味と言えます。

贈答用とは言えませんが、自家用にふさわしい値段でもし、かに味噌を思い切り食べようと思えば十分満足できるかにです。

細い脚と甲羅の大きさを生かせば、調理法も味付けもバリエーション豊かです。

今年も蟹のシーズンがやってきましたね。

何より蟹が大好きな私。

新鮮で美味しい蟹を味わうために、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、もう十年来の習慣となっています。

北海道に行く際の目的地といえば、旧知の知り合いが経営する、函館市内の店舗です。

ここは隠れた穴場ですよ。

他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々を振舞っています。

私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。

蟹通販には多くの利点がありますが、中でもそのメリットとして最も特筆すべきポイントは何でしょうか。

それは、産地直送の新鮮で美味しい蟹をいつでも購入できるということです。

その点、何人もの人の手を渡って店頭に並ぶ蟹の場合、なかなか「産地直送」とはいかず、完全に新鮮なままとはいきません。

お店の方が良くないというのは意外な結論かもしれませんが、新鮮さを求めるなら通販を利用して、漁場から直接蟹を取り寄せるのがベストの選択だということになります。

皆さん、日帰りのかに食べ放題ツアーは本当においしいかにが食べられるのでしょうか。

今までこのようなツアーに参加するのを躊躇していた方、ぜひ一度、かにの産地を訪ねる食べ放題ツアーを上手に利用されることを一押ししたいと思います。

こうしたツアーを利用すれば、産地のおいしいかにを近くのかに料理店に行くよりお安く、おみやげつきで食べられるからです。

蟹の美味しい季節が今年もやってきました。

蟹の醍醐味といえば、なんといっても丸ごとで買うことでしょう。

脚だけや訳ありなど、通販では店頭であまり見かけない商品が一般に安価だと言われていますが、値段は蟹の種類やサイズによりけりですので、丸ごとの商品でもお得な値段で購入できる商品は少なくありません。

お勧めするのには理由があります。

だって、蟹の美味しい食べ方といえば、たっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。

この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて安い蟹でも十分に蟹らしい風味を味わうことができますよ。

かにの通販は本当にたくさんありますよね。

購入のチェックポイントとして、あらかじめ茹でたものと、生との選択でどうしようと頭を抱えた方も少なくないでしょう。

複数の意見ですが、通販でかにの購入について選択するときはボイルではなく、活かににしてください。

ほとんどの通販では、活かにならよりおいしく新鮮なかにが届くからです。

この時期、ご家族や親戚、お世話になった知人の方などに、蟹をお歳暮で贈るケースも多いでしょう。

ですが、通販で蟹を送る場合、気をつけるべきことがあります。

水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。

時間が経つと当然味も落ちることにつながりますし、モノによっては、食べるとお腹を壊してしまうことも。

そのような危険を冒さないためには、蟹を贈る際には、必ず信用できる業者から購入しましょう。

留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて送ることも忘れてはなりません。

それほど経済的に余裕はないけれど、そこそこのかにをそこそこの値段で買えたらうれしいですよね。

かにをいつでもどこでも注文して食べられるようになりたい。

そんな夢をかなえるにはかにを通信販売で買うのがいいと聞いたことがあり、試してみました。

通販で買えばいつでも満足できるかにが買えることを確信しているのは、近くのスーパーに売っているかには、氷がびっしりとまとわりつき、いつからそこに入っていたのか疑問に思えるほどの状態になっていたりしますが、実のぎっしり詰まったおいしいかにが、いつでも購入できるのはうれしい限りですね。

そしてギリギリの価格設定でスーパーなどより安く購入可能が多く、申し訳ないほどのお得価格が実現したのです。

たまには変わったかにを販売してくれることもあるとか。

お知らせメールを受信設定にするのもいいでしょう。

賢く使えば大変便利な蟹通販。

しかし、もちろん欠点もあります。

それは、店頭と違い、じかに商品を見て比べることができないということがまずあるでしょう。

店頭販売なら、身が詰まっていることも確認でき、買いたい蟹の身を味見させてくれる場合もあります。

茹でるときの塩加減なども個人の好みがあるので、美味しいなと感じたお店を探す人もいます。

ですが、蟹通販でそれは難しいですよね。

蟹通販なら簡単に利用できて安いというのはありますが、実店舗にしかないメリットもあるのです。