クレジットカード審査比較

日本では数多くのクレジットカードが存在しており日常生活に浸透していますが国際ブランドと提携しているものが大半です。
富裕層が持つ事で知られるAMEXもありますが、VISA、MasterCard、JCBが一般的で国際的に使用することができる心強いアイテムです。
三井住友はアメリカ以外の国でイギリスに次いで2番目にVISAと提携した企業でその名前はテレビCMでも有名ですね。
MasterCardは加盟店が多いので利用者も多く消費者金融にライセンスを提供していることでも知られています。
JCBは国内最強の1枚なのですが海外ではイマイチなので心許ないかもしれません。
現在、電子マネーは色々な種類がでてきていて過激なポイント攻勢やスーパーセールでお馴染みの楽天のEdyもそれにあたります。
あらかじめチャージしてカードに残金を貯めておき金額の範囲内で買い物ができるサービスです。
レジでお金を数える必要が無いのでスムーズに会計を済ませることができるため便利です。
1ヶ月分がまとめて請求されるキャッシュ要らずのカードは累積金額が不安になりますがこのシステムは先に入金を済ませているので安心です。
更に預託金システムなので信用審査が不要ですから失業中の人でも利用できるので心強いですね。
クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて一般会員には提供されないサービスが利用できます。
昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。
対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中にはより高額な保険補償額や空港のラウンジサービスの提供などがあります。
ETCカードを使えば、高速道路料金が割引になるだけではなく、クレジットカードのポイントも貯めることが可能なのでかなりお得です。
ところで、ETCカードを選ぶ時のポイントとしては、年会費が無料のものが人気です。
また、入会するといくらかのポイントが貰えるキャンペーンを行っているETCカードも存在します。
申し込み方法としては、クレジットカード会社のホームページから申し込むことが可能です。
年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、会員側からアクションを起こすことはできません。
他には会社側で規定した以上の利用金額で年会費が不要になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクシティゴールドカードでは年間30万円の決済で適用されます。